Home » ニュース » 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦ヴァンラーレ八戸 vs 名古屋グランパス登録・出場選手について

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦ヴァンラーレ八戸 vs 名古屋グランパス登録・出場選手について

日頃より、ヴァンラーレ八戸へ厚いご声援を頂き、誠にありがとうございます。

本日実施される第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 VS名古屋グランパス戦の登録・出場選手について以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

0-1で残り時間25分、厳しい戦いが予想されますが全力で闘いジャイアントキリングを達成したいと思いますのでご理解とご声援宜しくお願い致します。

 

以下 天皇杯実施委員会 全文掲載

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦

ヴァンラーレ八戸 vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)登録・出場選手について

 

8月2日(水)に開催する「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 ヴァンラーレ八戸vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)」の再開試合の登録・出場選手について、以下のとおりお知らせします。

 

再開試合についての考え方は、選手、審判、会場等において、極力中断時と同じ条件で行うことにあります。そのため、試合再開時は、原則、中断時点と同じメンバーとし新たに補充することはできないこととしています。

一方、中断時から再開時までの時間が経過すれば、選手の怪我等もあり、同じメンバー等が確保できなくなる可能性もあり、怪我等により出場が困難な場合は、ベンチ入りした選手から再開試合の出場選手を選出し、ベンチメンバーが怪我等により出場が困難な場合は大会エントリーした選手から選出することとしています。

 

しかしながら、名古屋グランパスは、怪我や移籍により出場できない選手が多数発生し、本条件に則って差し替えると、出場選手が11人に満たなくなり、試合中断時と同数の選手数確保という大条件を確保できず、選手数において不公平が発生し、試合の公平・公正さが保てない状況となることがわかりました。

名古屋グランパスからの申し出により、天皇杯実施委員会で検討した結果、再開試合において名古屋グランパスが出場選手の不足分を大会エントリーした選手から補充することを特例として認めました。ヴァンラーレ八戸にもこれを通達し、ご了承いただいています。

 

なお、交代人数は、試合中止時点での残り交代人数と変わらず、八戸=残り1人、名古屋=残り2人とし、試合記録は試合中止時点での記録(ヴァンラーレ八戸 0-1 名古屋グランパス)を適用します。

 

【中止となった試合】

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦(7月12日開催)

マッチNo. 試合日 キックオフ 対戦カード 会 場
【70】 7月12日(水) 19:00 ヴァンラーレ八戸 vs. 名古屋グランパス パロマ瑞穂スタジアム

*雷雨のため、後半途中(65分=後半20分)に58分間の中断後、試合中止が決定

ヴァンラーレ八戸 0-1(前半0-0) 名古屋グランパス

[得点] 53分 永井 龍(名古屋)

[警告] 25分 古林 将太(名古屋)

[退場] なし

【再開試合】

マッチNo. 試合日 キックオフ 対戦カード 会 場
【70】 8月2日(水) 19:00 ヴァンラーレ八戸 vs. 名古屋グランパス パロマ瑞穂スタジアム

*65分(後半20分)より試合を再開