Home » ニュース » 弊社 代表より御礼の挨拶

弊社 代表より御礼の挨拶

2015年6月11日

ヴァンラーレ八戸を支えて頂いている

すべての皆様へ

                           株式会社ヴァンラーレ八戸

                            代表取締役 細越健太郎

 

2015(第17回)JFLファーストステージを終えて

 

いつも当クラブを応援し、また支えて頂き来まして本当にありがとうございます。この場をお借りしまして、心より感謝申し上げます。

さて、JFL2年目のシーズンは3月8日に開幕し、先日の6月6日のファジアーの岡山ネクストとの試合をもちまして全15試合が終了致しました。今シーズンは新監督のもと、昨シーズンとは対照的に雪もあまり降らない環境の中、外でトレーニングする機会に恵まれました。そして3月8日、ホンダロックSCとアウェーの宮崎にて対戦し、それを含んだ開幕アウェー3連戦を1勝2分けの負けなしで終えることが出来ました。そしていよいよ3月29日にホーム開幕戦。その日は1219人のサポーターに来場頂き勝利を収めることが出来ました。そこから約2か月後の6月6日のファーストステージ最終戦を勝利し、終わってみれば10勝4分け1敗、勝ち点34、得失点差+13で首位。しかしながら翌日2位のソニー仙台が4点差以上で勝利すると逆転されるという状況でしたが、何とか1位という成績でファーストステージを制覇することができました。

この結果は選手、監督はもちろんですが、応援して頂いたサポーターの皆様、小林眞市長を初めとする行政関係者の皆様、パートナー企業の皆様、地域住民の皆様、そしてヴァンラーレに関わって頂きましたすべての皆様の支えの結果です。本当におめでとうございます。

まだまだセカンドステージも残っておりますが、この喜びを皆様と共有でき、このクラブに関わらせて頂いている一人として、感無量です。

これからクラブはもっともっと成長していかなくてはなりません。その道程の中でも、必ず皆様の力が必要ですし、支えがなくては進んでいくことはできません。ヴァンラーレは、ヴァンラーレを愛して頂いている皆様のものです。これからの成長を皆様と歩み、そして夢に向かって邁進していくことをお約束し、2015JFLファーストステージを終えての私の総括とさせていただきます。

 

進化×真価を皆様とともに